借金を一本化~これ以上他社から借り入れせずに借換しよう

あなたの借金をスッキリ一本化!!

未分類

リボルビング返済の種類と利用時の注意点

投稿日:

リボ払いって、どんな返済方法ですか?

クレジットカードをもっている方は「リボルビング返済」(通称:リボ払い)を利用している方も多いと思います。リボ払いは、カードローンやキャッシングでも採用されるようになりましたが、どのような返済方法なのでしょう。

利用経験者が多いクレジットカードの例で説明すると、利用後の支払いは翌月に一括(1回払い)で支払いする方法と、毎月分割で支払う方法があります。

翌月一括払いに関しては、限度額を超えない範囲で利用している分には何ら問題がありませんし、それ以上の説明は不要だと思います。

毎月分割で支払う方法はいくつかの方式がありますが、その一つとして「リボ払い」という返済方式があります。

リボ払いの特徴は、契約した利用限度額の範囲において、利用と支払い(返済)を繰り返しできるということです。

リボ払いには、カードをどれだけ利用しても毎月の支払額は同じ(定額)という方式と、利用した金額の累積(支払残高)によって毎月の支払額が変化(スライド)する方式があります。

定額にしてもスライドにしても、毎月の支払額を”一定”に抑えられることに利点がありますが、一定というのは必ずしも”同じ額”ということではないのが注意点です。

毎月の支払額が同じ(定額)という方式

最初に「毎月支払う義務がある金額が同じ」という返済方式について説明します。

例えば、今月クレジットカードで、スーツと靴を買いました。総額9万円です。ここで、分割返済にリボ払いを利用して、その元本の支払い義務額は5,000円です。つまり、次回支払日の支払額は、5,000円に手数料を加えた金額です。

翌月、今度はカードで6万円の鞄を購入しました。先月の購入金額と合算すると、15万円から1回目の返済額を差し引いた145,000円が支払総額の元本として残っています。

先月より支払残高が増えていますが、次回の返済日に支払う金額は5,000円+手数料で前回と同じ金額です。

このように、支払残高の金額に関係なく毎月の元本返済額が変わらず、一定の金額に手数料や利息を上乗せして支払う方式を「元金定額リボルビング方式」といいます。

カードローンの場合はどうでしょう。

上記の例では、元本支払額に手数料を上乗せした金額が返済額でした。カードローンの場合は、手数料の代わりに「利息」を支払うことになりますが、利息分は毎月の支払い義務額に含みます。

返済額の中に利息分が含んでいることを「元金+利息」という意味合いから「元利」といいます。したがって、定額返済に利息を含む場合の呼び方は「元利定額返済」となり、リボ払いの場合は「元利定額リボルビング方式」となります。

毎月の支払額が変化(スライド)する方式

では、毎月の支払額が変化(スライド)するということはどういうことでしょう。以下の表で説明します。
支払残高     毎月返済義務額
10万円未満     4,000円
10~15万円     7,000円
15~20万円     10,000円
20万円以上     残高が10万円超える毎に5,000円ずつ増加

上記の買い物した例にあてはめると、今月の利用額(スーツと靴)が9万円。次回の支払額は、支払残高が10万円未満なので4,000円+手数料です。元金の支払残高は86,000円。

翌月、鞄を6万円で購入。元金の支払残高は14,600円になりました。そして、次回の支払額は、支払残高が10~15万円なので7,000円+手数料です。

このように支払残高に対して毎月の支払額が変化することを「残高スライド方式」といいます。リボ払いの場合は「残高スライドリボルビング方式」となります。

カードローンのスライド方式

カードローンの場合は、支払額の中に利息も含みますので「元利定額方式」になり、「残高スライド・元利定額リボルビング方式」ということになります。

消費者金融のキャッシングや銀行の個人向けローンの場合、元利定額を省略して「残高スライドリボルビング方式」と表記されることが多いです。

「定率」という一定額

消費者金融のキャッシングなどが採用している方式で、借入残高に対してその商品の貸付条件で決められた「割合=定率」を乗じてで返済する方式もあります。
借入残高     毎月返済義務額
1万円~30万円     借入金額の4.0%以上
30万円超~100万円未満     借入金額の3.0%以上
100万円~500万円     借入金額の2.5%以上

「定率」には、元金借入残高に対して割合を乗じた額に利息を上乗せする「元金定率方式」と、元金の借入残高に利息を加えて割合を乗じる「元利定率方式」があります。

これを繰り返し利用できるリボ払いで契約すると、返済方式はそれぞれ「元金定率リボルビング方式」「元利定率リボルビング方式」となります。

「一定額」の意味合い

以上のように、支払(返済)額を「一定」にできるのもリボ払いの特徴ですが、一定というのは支払(借入)残高に応じた「定額」「スライド」「定率」というルールの中での意味合いを持ちます。

また、各種クレジットカードやカードローン・キャッシングなどの種類によって、支払(返済)方式や毎月の返済義務額(最小支払額)が異ります。したがって、契約時にはその点を十分理解した上で利用する必要があります。

 

色々なリボルビング返済方式

さて、ここまでリボ払いについてのパターンを紹介してきましたが、ここで一旦整理しましょう。リボルビングの頭に付く単語さえ分かれば、それがどんな方法なのかを理解するのに役立ちます。

支払額における利息(手数料)の位置づけ

「元金」:借入元本の他にプラス利息

「元利」:借入元本と利息が含まれる

つまり、利息は元金とは別に支払うのか、それとも支払額の中に利息を含ませるのか、ということを意味します。

一定の種別(分類)

「定額」:借入残高の元本に関係なく「一律」

「定率」:借入残高の元本に応じて「割合が変化」

「スライド」:借入残高の元本に応じて「階段式に変化」

この表現は、毎月の返済額を決定する際、一定額の算定時における、算定手法を意味しています。

クレジットカードの場合、「借入=支払」「利息=手数料」となります。

リボルビング返済(おさらい)

契約期間内において、利用できる限度額の範囲内であれば、何度でも借入と返済(クレジット利用と支払い)を繰り返し利用できる返済方法。

このように、リボルビング返済に係る語句によって少しずつリボ払いの内容が異なります。係る語句の意味は難しくありませんので、一つ一つ理解していれば長い名称になったとしても、それがどんなリボルビング返済なのかを把握することができます。

「支払い」と「借り入れ」の違い

クレジットカードの場合、物やサービスを直接購入する際に利用しますので「借入」という概念はありません。したがって、「利息」もありません。その代わり、元金とは別に「手数料」を上乗せして支払いますので、元金分として支払った金額は、当然に支払残高の元本から差し引かれます。

一方、カードローンの場合、元金を借りた上で物やサービスを購入します。したがって、「借入返済」と「返済利息」が発生します。また、返済額には元金と利息分が含まれますので、”返済額から利息分を差し引いた額”が元金として借入残高から差し引かれます。

借入残高の目減りが少ないと感じるとすれば、元金充当率、つまり金利の大小が要因です。

リボ払い利用時の注意点

リボ払いの特徴は上記に述べたとおりですが、利用時に気をつける点が何点かありますので、参考にして下さい。

・支払期間が延長する?

はい。「定額方式」の場合、”めくらめっぽう”使いすぎると、毎月の支払額が同じなので元金がなかなか減ってくれません。その結果、支払期間が「予想していた期間よりも延びてしまう」ということが起こります。

・返済額が増える?

はい。「スライド方式」の場合、大きな買い物をして支払残高が増えると、その元金額によって翌月以降の支払いが増えることがあります。また、カードローン利用では、利用額が当月の返済額より大きかった場合、債務残高によって返済額が増えることがあります。

・いつ借金がなくなるか分からない?

例えば、10回払い、20回払いなど、分割返済の場合は返済額と返済期間を決めて契約しますので、「返済計画」における実行状況が把握しやすいです。

一方、リボ払いの場合、毎月の返済期日はありますが「返済期間」が決まっていません。したがって、繰り返して利用している間は「この借金はいつ終わるのか?」ということになります。

このように、リボルビング返済にはメリット・デメリットが共存した返済方式です。

素晴らしいと思えるのか、怖いと思ってしまうのかは皆さんの利用の仕方一つで変わります。「○○とハサミは使いよう」といいますが、「○○とリボ払いは使いよう」なのです。

★低金利★ 銀行のおまとめローン

 

『オリックス銀行のカードローン』

限度額が最高800万円、実質年率1.7%~17.8%と、融資額・金利とも最高水準の貸付条件です。借り入れコースが細かく設定されていて、金利もその範囲で明確になっていますので、事前の返済計画が立てやすい商品です。希望限度額が300万円以下の場合、所得証明書が原則不要です。
年利    1.7~17.8%     融資額上限    800万円
申込受付    24時間     担保・保証人    不要
使途    自由(事業性資金は除く)
オリックス銀行おまとめローン

-未分類

Copyright© あなたの借金をスッキリ一本化!! , 2018 AllRights Reserved.