借金を一本化~これ以上他社から借り入れせずに借換しよう

あなたの借金をスッキリ一本化!!

未分類

ローン一本化は銀行が仕掛人

投稿日:

銀行のおまとめローンは圧倒的低金利

貸金業法の総量規制対象外でもある銀行のおまとめローンの特徴は、融資限度額が大きく、安心の低金利。返済額が大きな方の「借り換え」にも利用できます。
東京スター銀行

最高1,000万円

5.8%~14.8%※

詳しくはこちら

オリックス銀行カードローン

最高800万円

1.7%~17.8%

詳しくはこちら

※保証料年率1.2%相当を含む。
※保証料率を除く約定金利は年率4.6%~13.6%です。

増え続ける無担保ローン利用者

リストラや企業倒産による失業、給料の伸び悩みや年収の減少、住宅ローンの重圧などにより、年収400万円以下のサラリーマンで無担保ローンの借入金額が100万円~200万円ぐらいあることは珍しくないとさえいわれています。

ボーナス支給も期待できない会社が増えていますから、借入金額は毎月の可処分金額がら捻出したお金をコツコツと返済に充てるしかできませんから、容易に完済することは難しいことです。

一度無担保ローンを利用すると、専用のローンカードが発行され、次回からの借入が簡単になってしまうことから、知らず知らずのうちに借金が増えていき、複数の金融会社から借り入れして返済に充てるという悪循環な環境に陥っていくパターンも少なくありません。

一昔前は、こうした多重債務に苦しむ人に「ローンの一本化で返済を楽にしましょう」とすすめながら、実は高額な手数料を取ったり、さらに金利の高いローンを借りさせたりして、もっと深刻な債務を抱えてしまう人もいました。

銀行と消費者金融の提携が生んだ借換ローン

ところがここ数年で銀行と消費者金融が提携して、金利が15%~18%のフリーローンを開発し、融資限度額も最高300万円などに設定し、シェアを拡大してきました。

銀行は現在の厳しいローン事情をある意味チャンスと見ています。

一流企業のサラリーマンでさえこの不況下で、消費者金融などの高利なローンを利用したために返済に困窮し、他社からの借入を繰り返し、借金から抜け出せなくなっている時代です。

銀行側はその豊富な資金源から、個人向けの低金利ローンを提供し、消費者金融側は膨大な顧客(利用者)データの一部を提供することにより、貸し倒れリスクを軽減しようとしたのです。

そうした低金型のローンを提供することで、新規顧客の開拓をしようとした金融商品がいわゆる借換ローンや、まとめローン、高額融資枠を持つカードローンなのです。

また、銀行のカードローンなどの融資商品は、顧客への貸出金を収入と現状の借入額によって規制している『総量規制』の対象外となります。

ローン一本化戦略~銀行の本当の狙い

銀行や銀行系の借換ローンは消費者金融に比べて金利が安く、多重債務に苦しむ人には売り込みやすいので、新規顧客の開拓には最良の金融商品です。

利用者も、まとめローンや借換ローンの恩恵を受けられることが明白ですから、売って良し、買って良しといったところでしょう。

実際、金利の設定は消費者金融よりも5%~10%低いですから、ローン一本化により毎月の返済は、かなり楽になります。

銀行はこうした低金利の借換ローンを提供することで、彼らを「高利地獄」から救いだし、お互いの信頼関係を築きつつ、住宅ローンや年金など、他の金融商品を提案しながら、資産運用の手助けをしようとしているのです。

WEBで完結申込だからスピーディー

モビット ★★★

『モビット』は、限度額が最高800万円、実質年率3.0%~18.0%、来店不要、24時間申込可能など、困ったときに頼れるローン。モビットの商品説明に「おまとめローンという商品はありませんが、資金使途が自由ですから、現在利用中のローンの借換え、複数の借入がある場合のおまとめなど、幅広い使い方が可能です。借入を一つにできれば、返済管理を簡単にし、毎月の返済額を軽減させることも可能。

おまとめローン専用     年利    3.0~18.0%     限度額    800万円
申込受付    24時間     担保・保証人    不要
返済期間    最大106回
(最長8年10ヶ月)
銀行系おまとめローン

-未分類

Copyright© あなたの借金をスッキリ一本化!! , 2018 AllRights Reserved.