借金を一本化~これ以上他社から借り入れせずに借換しよう

あなたの借金をスッキリ一本化!!

未分類

マイナス金利でカードローンなどの金利は下がるか?

投稿日:

そもそもマイナス金利とは

2016年1月29日、日本銀行が追加の金融緩和で「マイナス金利」を導入すると発表しました。では、この「マイナス金利政策」とは、どんな内容なのでしょう?

公開されている文書から読み取ってみます。

金融機関が保有する日本銀行当座預金に▲0.1%のマイナス金利を適用する。

1.各金融機関が今まで日銀に預けた当座預金の残高については、従来の+0.1%を適用。
2.条件によっては、ゼロ金利を適用。
3.当座預金残高のうち1,2を上回る部分に▲0.1%のマイナス金利を適用。
4.金融機関の現金保有額が大きく増加した場合は、増加額を2(2を上回る場合は1)から控除する。

引用元:日本銀行

以上のように、金融機関(日本のほとんどの銀行)が日本銀行に預けてある「当座預金」が対象となるようです。

今までは0.1%の利息が付いていたものが、今度は支払うということになるのでは、たまったもんじゃありません。上記した4では、当座ではない口座に現金を保有した場合でも、現金保有額が増えたら「+0.1%」「ゼロ金利」となる対象額を減らすといっていますので、いよいよ逃げ道はありません。

なぜでしょう?なぜ日銀はマイナス金利を導入したのでしょう?

簡単に言うと、「日本銀行に預けて利ざやを稼ぐのではなく、企業や個人に貸しなさい」ということです。

銀行の反応はどうか?

2016年2月15日、三井住友銀行が住宅ローン金利(10年固定型)の優遇金利を年1.05%から年0.9に下げると発表しました。また、普通預金の金利を過去最低水準となる0.001%に引き下げるようです。

大手銀行は、定期預金の金利を相次いで引き下げる動きを見せましたが、普通預金の金利を下げたのは、三井住友銀行が初めてです。今後は他の銀行も普通預金の金利を下げるでしょう。

貸出金利も下げるけど、預け入れた場合の金利も下がります。預金者にとってはマイナス金利は文字通りマイナスの影響を受けることになりそうです。。

さて、融資(貸出)の方はどうなるでしょう?

「日銀に預けておくより、企業や個人に融資したほうが収益が増える」と考えるでしょうか?確かに利ざやは少なくなることは確かですが、融資のリスクはなくなるはずがありません。

むしろ、日銀の当座預金での利ざやが減る分、貸し出す場合においては、よりリスクを抑える方向にいくと考えるのが自然です。つまり、カードローンやおまとめローンなどの『融資の審査』が厳しくなることが予想されます。

消費者金融の金利はどうなる?

消費者金融の資金調達は銀行です。銀行が消費者金融に貸し出す金利が低くなれば、消費者に融資する場合の金利も低率化するというのが自然な考えです。

しかしどうでしょう。

日銀当座預金の利ざやが減少する銀行が、消費者金融に融資資金として貸し出す金利を下げるでしょうか。また、仮に下げたとしても消費者金融がカードローンやキャッシングの金利を下げるでしょうか。

そうなると、一般消費者にとってはマイナス金利の恩恵を受けることになりますが。。。

今後の消費者融資の金利にも注目です。

圧倒的低金利 ★★★

『オリックス銀行のカードローン』

限度額が最高800万円、実質年率1.7%~17.8%と、融資額・金利とも最高水準の貸付条件です。借り入れコースが細かく設定されていて、金利もその範囲で明確になっていますので、事前の返済計画が立てやすい商品です。希望限度額が300万円以下の場合、所得証明書が原則不要です。

年利    1.7~17.8%     融資額上限    800万円
申込受付    24時間     担保・保証人    不要
使途    自由(事業性資金は除く)
オリックス銀行おまとめローン

-未分類

Copyright© あなたの借金をスッキリ一本化!! , 2017 AllRights Reserved.