借金を一本化~これ以上他社から借り入れせずに借換しよう

あなたの借金をスッキリ一本化!!

未分類

総量規制の対象外となる借り換えローンとは

投稿日:

銀行ローンは総量規制の対象外です

銀行カードローンなどの融資商品は、貸金業法の適用を受けませんので、
総量規制の対象外となります。

 
オリックス銀行カードローン

最高800万円

1.7%~17.8%

詳しくはこちら
イオン銀行フリーローン

最高700万円

3.8%~13.5%

詳しくはこちら

総量規制の例外となるローンの組み方について

現在の借入状況が「おまとめローン」や「借換」をすることによって、
『総量規制』の対象外(例外規定)となるケースがあります。

消費者金融キャッシングや信販会社のクレジットカード利用による借入残高の総額が、
年収の1/3を超える場合において、新たな借入を制限する法律が『総量規制』です。

すでにこの総量規制に引っかかっていると思いこんで、おまとめや借換を諦めていたり、
「審査に通過しないのではないか?」という不安から、一歩を踏み出せないでいる方もいるのではないでしょうか?

総量規制には、「除外」または「例外」となる条件があり、
『顧客に一方的有利となる借換え』については、例外規定に該当します。

つまり、『複数借入の1本化』や『借入先の乗り換え』は、
顧客にとって一方的有利となる結果であれば、例外規定の適用を受けられます。

顧客に一方的有利となる借換えとは

返済総額が今よりも少なくなる。

毎月の返済額が今よりも少なくなる。

返済期間が今よりも短くなる。

現在の借入を1本化したり、単純な借り換えをする場合、返済条件の全てにおいて顧客が有利となる結果にならなければ、そもそもまとめや借換をする意味が無くなってしまいます。

今よりも不利になってしまうケースとは

毎月の返済額は減ったが返済期間が長くなり、返済総額が増えた

返済総額は減ったが、返済期間が短くなり、毎月の返済額が増えた
-     毎月の返済額     返済期間     返済総額
借換ケース1     減     長     増
借換ケース2     増     短     減

上表の例は、一見借換によって負担が軽減されたかのように見えますが、実際は実質的な金利が増えている結果であり、『顧客が一方的有利となる』という借換とはいえません。

 

借換するなら高額融資&低金利商品で

 

 

借換の目標は、現在の条件と比べて返済総額・毎月の返済額が軽減され、返済期間を短縮することにありますので、融資枠が大きくて低金利という商品を選ぶのが大前提です。

最大融資額が300万円以上、最小金利が一桁台というのが最低ラインです。

 

借換を有利にする金融商品

 

商品名     限度額     実質年率     詳細情報
オリックス銀行カードローン     最高800万円     年 1.7%~17.8%
三井住友カードゴールドローン     700万円     年 3.5%~9.8%
イオン銀行【フリーローン】     最高700万円     年 3.8%~13.5%
WEBで完結申込 モビット     800万円     年 3.0%~18.0%

-未分類

Copyright© あなたの借金をスッキリ一本化!! , 2017 AllRights Reserved.