借金を一本化~これ以上他社から借り入れせずに借換しよう

あなたの借金をスッキリ一本化!!

未分類

どこから借り入れするのか

投稿日:

借入先の選び方~「今よりも低金利」が鉄則

すぐにでもお金が必要となれば、借入の条件や借入先の慎重な選別まで気が回らず、「とにかく借りられればどこでもいい」という考えになりがちです。
それが高利の借金にもつながり、後々の借金地獄につながってゆくのです。

借金をする場合、無利息で借りられる可能性があるのは、親・兄弟などの身内、親交のある知人、友人などが考えられますが、1万、2万円程度の貸し借りならまだしも、数十万、あるいは数百万単位での貸し借りは、「もしも支払えなかったら」など、最悪の場合を考えたらすべきではありません。

利息を最小限に抑えることが借金の鉄則ですから、当然のこととお分かりでしょうが、条件の良い低利息(低金利)なローンを選ぶことが大切です。

意外にもこの低金利ローンを利用されている方は決して多くはなく、多少金利が高くても、手続も簡単で手軽な消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用されている方が圧倒的に多いのです。

キャッシングは無人契約機の普及などによって、「気軽に借りられる」というファクターを重要視する層に支持され続けてきました。

やがて、利息の重みを感じたり、返済に苦しんだりして、初めて「低金利」という重要要素に気づく方が多勢を占めています。

借入先の選択は、「今よりも低金利」が
大前提となることは言うまでもありません。。。

「借りやすい」「審査の甘い」の落とし穴

低金利ローンで一本化といっても敷居が高く、手続が簡単で、審査が甘いローンはなかなか見つからない。。。

しかし、だからといって高利なローンに手を出してしまっては本末転倒です。

「借りやすい」とか「審査の甘い」といったキャッチで宣伝されているキャッシングやローンの特徴は、

・利息制限法を上回る高金利ローンが多い。
・申込から融資までの時間が短い(即日振込など)。
・他社借入件数の許容範囲が、大手金融会社よりも広い。
・初回借入時は短期間無利息などのサービスを付帯している。
・貸し倒れリスクが高い顧客層へも貸し出すため、取立が厳しい。

こうした特徴を持った金融業者の利用は、それなりの借金圧縮や借金一本化のサブメニューとしての利用価値はあります。でも、気楽な借金ほど後で苦しむことになることを忘れてはいけません。

借入業者の選択~限度額と金利

まとめローンに目的ローンや通常のフリーローンを利用しようとした場合、低金利であればあるほど審査が厳しく、仮に成功したとしても初回融資から「上限融資額」を「最小金利」で借りられる確率は0%です。

金融業者は個人の信用力に応じて貸出金額と金利設定を行いますが、既に他社から借入がある方への信用力は、決して高く評価してくれないのが現状です。

反面、複数ローンを一本化できるフリーローンを扱う金融業者は、まとめローン用の商品を展開して限度額をつり上げ、金利設定もかなり低く抑えています。

前述しましたが、低金利で大口融資をする金融商品は、それなりに審査が厳しいことを意味しています。

”条件の良い人が低金利で借りられる”というお金を借りる側にとっては、何とも歯がゆい貸付のヒエラルキーがそこに存在しているのです。

「条件が良い」というのは、お金を借りたことが一度もないという人ではありません。また、一度借金をして既に完済であることもまた「条件が良い」には該当しません。

この貸付条件が良いと判定される、最も重要な属性「他社借入件数」についてを知っておきましょう。

借入業者の選択~他社借入件数の壁

金融機関では融資を行う際、多重債務のリスクを回避するために、信用情報機関を通して与信を行います。

スコアリングシステムと呼ばれるもので、顧客に属性を与えて点数を付け、その人の与信能力(融資限度)を測り、いくらまでなら貸せるかを評価します。

たとえば、年齢、既婚・未婚、家族構成、勤務先とその規模・業種、役職、勤務年数、保険証の種類、住居の種類(持家or賃貸)、居住年数、他社借入状況など十数項目におよびます。

与信判定のうち、最も重要視されるのが借り入れ状況(他社借入件数)です。

通常、他社借り入れ4件~5件がボーダーラインの線上かその範囲外に位置し、新規で融資を受けることが難しくなります。

借入総額と年収比により、他社借り入れ8件が最低のランク付として評価される場合がありますが、年収情報は確認できる手段がなく、正確性に欠けるため、あまり重要視されません。

では、他社借入件数が4件以上、5件以上・・・10件以上では借入できる手段が無いのでしょうか?

いいえ、顧客に属性を与えているスコアリングは、日々発展しています。
「途上与信」といい、顧客の返済状況や借入件数の増減により、良くもなり、悪くもなります。

「途上与信」で属性を良くさせる手っ取り早い方法は、
他社借入件数を減らすことに尽きます。

では、他社借入件数を減らす有効な方法を段階的に解説していきます。

まずは、他社ローンに借り換えする前に、事前交渉を検討しましょう。

-未分類

Copyright© あなたの借金をスッキリ一本化!! , 2018 AllRights Reserved.