050

紫外線対策として、日焼け止めクリームやジェムを塗る他にも飲む日焼け止めにより紫外線対策する方法もあります。
地球温暖化の問題が進むことにより、紫外線を浴びる量は年々増える傾向にあるため、飲む日焼け止めは新たな日焼け止め対策として活用できます。
飲む日焼け止めには、紫外線によって発生する活性酸素と、発生した活性酸素による細胞の酸化から体内を守ってくれる成分であるニュートロックスサンが豊富に含まれています。
なので、飲むことで体内から紫外線対策ができます。
ちなみに、活性酸素には有害な細菌から体を守る役割がありますが、活性酸素が発生しすぎると肌や細胞の老化が進行する原因になります。
また、塗る日焼け止めとの大きな違いは、紫外線によって発生する活性酸素が体に悪影響を及ばさないように、飲むことで免疫力を高めることにより、酸化を防ぐための抗酸化力と炎症を抑える抗炎症力を得ることができます。
そのため、飲む日焼け止めによって体内から紫外線の悪影響を追い出してくれます。
紫外線の脅威から守る役割を持つ飲む日焼け止めは、医薬品ではなくサプリメントとして扱われています。
なので、一回に飲む量や飲むタイミングは特に決まっていません。
日焼け止めを塗る以外にも、飲む日焼け止めで紫外線対策ができるので、誰でも飲むだけで日焼け止めの効果を得ることができます。
ロスミンローヤルの日焼け止め効果について詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒飲む日焼け止め 効果

関連記事